So-net無料ブログ作成

エルニーニョ現象で2014年の夏は冷夏? [天気]

もうGWも終わり、もう少しすると鬱陶しい梅雨、そして夏の季節になりますね。

でも・・・今年の4月に気象庁が発表したした情報によると、今年の夏は5年振りにエルニーニョ現象発生する可能性が高いとの事。

このエルニーニョ現象って良く聞きますけど、一体どういう状態になるのか?

知ってるようで知らない(私がそうです)ので何となく調べてみる事に・・・

調べる前の私の知識はエルニーニョ現象=異常気象です。

まずはエルニーニョ現象とは⇒ペルー沖の海水の温度平年よりも高くなる現象が半年以上続く事です。

この海水の温度が高くなるとどうなる⇒太平洋赤道の海面付近で東から西に向かって吹いている貿易風が弱まって地球全体の大気循環に影響を及ぼす為世界各地の気候に大きな影響を及ぼす。

では日本は⇒梅雨明けの時期が遅れる為冷夏になりやすい。

要約すると⇒海水の温度が高くなり通常の風の流れが変わってしまうので気象に影響を及ぼすので日本の場合は冷夏になりやすいと言う事になるって事ですかね。

ちなみにエルニーニョとはスペイン語で神の子、男の子を意味するんだそうです。

日本では前回、2009年には日照不足梅雨明けの遅れ(何と!中国、北陸、東北地方は梅雨明けが特定できなかった!)。

あんまり覚えていないけど・・・

先月の時点で可能性大との事なので・・・

今年の夏は一体どうなるんでしょうか?

それにしたって世界で異常気象現象が起きてるって時々ニュースでやっていたりするので・・・

又ノストラダムスに戻ってしまうが(笑)私は心配性なので・・

地球はこの先どうなってしまうんだろうなんて思っちゃたりする。

暑すぎる夏も嫌だけど寒い夏って言うのも・・程ほどの暑さの夏になってくれないかな~なんて思ってます。




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
アクセスランキング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。